【AWS】Lambdaでタイムゾーンを設定する

AWS Lambdaはインフラを意識せずコードが実行できるので便利だが、日時を取得するとUTCとなっている為、場合によっては不都合が生じる。
環境変数を設定することでタイムゾーンを変更出来る為、その方法をメモとして残す。

環境:

  • ランタイム:Python3.8
  • メモリ:128MB

コードはテストなので単純に現在日時を取得し返却するのみとする。

まずは環境変数は何も設定せずに動かす。
結果は下記の通り。

動かしたのが日本時間の10時ですが、-9時間のUTCが取得される。

次に、環境変数に下記を設定する。

キー:TZ
値:Asia/Tokyo

設定後、再度同じ関数を実行する。
結果は下記の通り。

日本時間が取得されていることを確認。 日本時間だけでなく、試しにTZに”America/New_York”を設定して-5:00になることを確認。

Pocket

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。