【Selenium2+PHPUnit】導入までの流れ

やっとそれなりにまとまってきたので、ここにアウトプット。

参考:
http://www.mogumagu.com/wp/wordpress/?p=1002
http://phpunit.de/manual/3.8/ja/installation.html

使用OS:WindowsXP

XAMPPをインストール

pearが欲しいので、XAMPPをインストールします。
とはいえ、zipをダウンロードして任意の位置に配置するだけなので割愛。
ダウンロードは以下から。
XAMPP
今回は、Cドライブ直下に配置した想定で進めます。

Seleniumを入手

以下からSeleniumをダウンロード。
Selenium
2013年6月24日現在、最新バージョンは2.33.0。
赤枠で囲ったリンクをクリックすることでダウンロードが出来ます。

Seleniumのダウンロード

C:\seleniumというフォルダを作り、その中にダウンロードしたjarを配置することにします。
Seleniumの配置
※バージョンが2.32.0……キャプチャを撮っていた当時はまだ2.32.0だったんです。

PHPUnitをインストール

pearを使い、PHPUnitをインストールします。
※Windows Vista以降の場合、コマンドプロンプトは管理者として実行する必要があるようです。
コマンドプロンプトでpearのあるフォルダ、「<配置したフォルダ>\xampp\php」に移動し、以下のコマンドを打ちます。

pear channel-discover pear.phpunit.de

pear channel-discover と打つことで、チャネル、パッケージの入手先を設定します。
詳しくは公式で。
pear チャネルの使用法

以下のコマンドでチャネルが設定できたかを確認します。

pear remote-list -c phpunit

PHPUnit~と出ていれば設定が完了しています。
pear チャネルの設定

設定が完了しているので、以下のコマンドでインストールを行います。

pear install phpunit/PHPUnit
pear install phpunit/PHPUnit_Selenium

PHPUnitのインストール1

PHPUnitのインストール2

※No releases available for package “pear.phpunit.de/PHPUnit” install failedとエラーが出る場合

以下のコマンドを実行します。

pear clear-cache

キャッシュのクリア
その後、再度インストールコマンドを実行します。
参考:tjtjtjのあそびば phpunit のインストール

インストールコマンド終了後、phpフォルダにphpunitが作られたこと、pear\PHPUnit\ExtensionsにSelenium2TestCase.phpが入ったことを確認します。
PHPUnitの確認

Selenium2TestCase.phpの確認

以上で導入は完了です。
次回は実際に動かしてみます。

なるべく早くに投稿できるようにします……。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です